むきたまごのようなつるんとした美肌はピーリングジェルで作れる

ピーリングは週に1〜2回の頻度で行うスキンケアの1種で、肌に蓄積した古い角質を除去することにより、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を促進します。そして皮膚のターンオーバーが促進されると、くすみやシミ、ニキビ、毛穴の黒ずみなど様々な肌トラブルが改善され、肌の老化を遅らせることも可能になります。

 

市販のピーリング剤として既によく知られているものとしては、ジェルタイプや石鹸タイプ、またゴマージュタイプやふき取りタイプなどが挙げられますが、肌への刺激が強いという点ではゴマージュタイプやふき取りタイプはあまりおすすめできません。しかし石鹸タイプやジェルタイプなら、成分的にもマイルドで刺激になりにくいため、安心してお使いいただけると思います。

 

■ピーリングはほんとに安全?
もしかすると、ピーリングに対して不安に思っている方も多いかもしれません。たとえば、「古い角質を落とすだけならいいけど、肌にとって必要な角質まで余分に落としてしまうんじゃないの?」といった不安や、「肌がピリピリと痛くなったりはしないかしら?」といった疑問です。

 

・皮膚科医お勧めのスキンケア
実は皮膚科医の多くは、肌のターンオーバーを促進するための方法としてピーリングが有効であるとして、週1〜2回程度スキンケアに取り入れることを推奨しています。一般的に販売されているピーリング剤なら成分濃度は薄めで、低刺激な商品ばかりですし、多少肌がピリッとしても心配には及びません。もっとも、体調が勝れない時やなんとなく肌の調子が悪いと感じる時は使用をを見送りましょう。
また商品選びの際は、有効成分としてAHAやフルーツ酸が配合されているものがおすすめです。使用頻度や使い方については、説明をよく守るようにして下さい。

 

■様々なピーリング効果
若々しい状態の皮膚は、通常1ヶ月程度でターンオーバーを繰り返すと言われていますが、年齢を重ねるごとにこのそのサイクルが徐々に遅くなり、しかも不安定になってきます。そして段々と古い角質が肌表面に蓄積されてくると、いわゆる大人ニキビの原因となったり、くすみやシミなど、様々な肌トラブルを引き起こすようになります。

 

そこで定期的なピーリングを日常のスキンケアの中に取り入れるようにすると、肌に蓄積してしまった古い角質を落とし、ターンオーバーを正常なサイクルに近づけることができます。そして、各種肌トラブルの改善が期待できるのです。

 

具体的には、シミの予備軍である肌の奥に潜んでいるメラニン色素を排出させたり、毛穴を詰まらせニキビを誘発する皮脂や角栓などを一掃できます。また、すでに肌表面に現れているシミやくすみ、毛穴の黒ずみなどにも有効ですし、真皮層のコラーゲンを増やして肌のたるみを改善させるような、アンチエイジング効果も狙えます。

 

■各肌トラブルに合ったピーリング剤の使用を!
どんなに高価なスキンケア製品を使って見ても今ひとつ効果が実感できない、あるいはパックやマッサージを続けているのに毛穴の黒ずみが改善しないなど、日常のスキンケアに様々なご不満を感じている方こそ、ピーリングを試してみるべきです。
各種肌トラブルをピンポイントで改善させる狙いの商品が出回っていますので、ご自分の肌トラブルに合うピーリング剤をお買い求め下さい。

 

■使用時の注意点
ターンオーバーを促進し、アンチエイジングにもつながるピーリングですが、日頃のスキンケアに取り入れる際にはぜひ知っておいていただきたい、重要注意事項があります。

 

・肌に刺激が強いタイプは避ける
スクラブ入りや、ゴマージュなどのマッサージして使うタイプのもの、またコットンに含ませて拭き取るタイプのものは、肌には強い刺激となる場合も十分考えられます。デリケートな顔への使用におすすめなのは、ジェルタイプや石鹸タイプなど、洗い流して使用するピーリング剤です。

 

・肌トラブルがある時は使用を控える
当然、肌荒れを起こしている時やニキビが酷い時、また深刻な乾燥状態の時などは、ピーリングを行わないで下さい。肌の状態を見極めながら実践しないと、ピーリングによって思わぬ肌トラブルを招いたり、現在抱えている肌トラブルをより一層深刻化させることもあります。くれぐれも無理な使用はやめましょう。

 

・保湿&UVケアを併せて実践する
ピーリング後のお肌は皮膚が薄くなり、いつも以上に紫外線や乾燥によるダメージを発生しやすい状態となっていると思ってください。ですから、ピーリングの後は必ず保湿ケアやUVケアを怠らないようにしましょう。日中は特に、UV効果のあるファンデーションを取り入れれば日焼け止め対策に有効ですが、リキッドタイプのファンデは肌に刺激となりやすいため、ピーリング後2〜3日はパウダータイプのものを使うようにして下さい。

 

・スクラブ入りの洗顔料やはがすタイプのパックはNG!
前項でも述べましたが、ピーリング後のお肌は非常にデリケートな状態です。肌にとって刺激となるようなスキンケアは、ピーリングの後には厳禁です。

 

・連続して行わない
過剰なピーリングは肌に負担となるだけです。せいぜい週1〜2回の頻度で十分効果的なのですから、毎日使ったり、長時間マッサージするようなことだけは絶対に避けて下さい。また、ピーリングを行って最も効果を発揮するのは、ホルモンバランスが安定する月経終了後1週間以内の期間とされていますので、覚えておきましょう。

 

できるだけお肌にマイルドなピーリング剤を見つけ、正しい使用方法で、輝くような美しいお肌を目指しましょう!